債務整理とは

債務整理とは、住宅ローンや消費者金融などからの借入等で多重債務に陥った債務者が、私的に又は裁判所を介して、借金の額を減額したり金利をカットしたり(任意整理)、0にしたり(自己破産)、払いすぎた分を取り戻したりして(過払い金請求)借金を整理する手続きのことです。

債務整理の解決手段

 

1  任意整理

債権者と債務者が裁判所を介さずに私的に交渉して、返済の条件を合意します。

利息が利息制限法を超えていた場合は、利息制限法に引き直し計算したり、今後の利息をカットしたりして、毎月の返済額を減額することができます。

 

2  過払い金請求

利息制限法を超える高金利で長期間貸し借りを続けていた場合には、利息制限法に引き直し計算して、払いすぎた分を取り戻すことが出来ます。


3  個人民事再生

債務者が多額の債務を抱えている場合に、裁判所を介して債務を大幅に減額する手続きです。持ち家がある場合、自己破産の場合とは事なり住宅を残すことができます。

借入の原因がギャンブル等の免責不許可事由がある場合でも、自己破産の場合と異なり問題となることは殆どありません。

 

4  自己破産

債務者が経済的に破綻して、その資力をもってしては債務を完済することが出来なくなった場合に、裁判所を介して債務を全額免除にする手続きです。

裁判所の免責許可決定を取得すれば、免責不許可事由がある場合以外、税金等の非免責債権を除くすべての債務が0になります。

 

5  特定調停

債務者が支払不能に陥るおそれがある場合に、簡易裁判所に債権者と債務者が出頭して、調停委員がその間に入り、今後の弁済方法などを話し合うことにより、債務を整理します。

債務整理手続きの流れ

1  面談・委任契約の締結

運転免許証などの身分証明書・カード・契約書等をお持ちいただき、司法書士が面談させていただき ご本人と委任契約を締結します。

 

2  受認通知の発送・取立がストップ

消費者金融等の債権者に対して、司法書士が債務整理を受任した旨の通知を書面でします。同時に、債権者からの請求が止みます。

受認通知の発送後、和解が成立するまでは返済をする必要はありません。

 

3  引き直し計算

受認通知の発送後一月ほどすると、債権者より債務者がいつどれだけ貸し借りをしたかを記載した取引履歴が送られてきます。

取引履歴に基づき利息制限法により引直し計算をします。

 

4 引直し計算により正確な残債務額あるいは過払い金の額が確定しますので、上記の債務整理の各解決手段に基づき債務整理をします。

債務整理の費用

債務整理の費用については、以下の通りです。


任意整理についてこちらをご覧ください。


過払い金請求は、初期費用0円でご利用いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

自己破産の費用についてこちらをご覧ください。

 

個人再生の費用についてこちらをごらんください。



多様な解決手段の提案

 

当事務所は、10年ほど前から任意整理・過払い金返還請求などの債務整理業務に携わって来ました。この時のノウハウを任意売却の業務にも生かすことができます。例えば、任意売却をする前に、ご相談者にある一定の条件がある場合は、個人民事再生の制度を利用して、不動産を手放さなくてもよいようにすることもできます。

 

また、任意売却をした後で、残債務をどのように処理していくかという場合でも、どうしても残債を支払えない場合は、ワンストップで破産手続きにスムースに移行していくことが出来ます。

 

ご相談者にある程度の支払い能力がある場合は、債権者との交渉ができる範囲での分割金を支払っていくといういわば任意整理にもスムース移行していくことが出来ます。


▲このページのトップに戻る