過払い金とは

あなたはお金を払いすぎていませんか。
多くの貸金業者は利息制限法を大幅に上回る金利でお金を貸し付けていました。
業者から取引履歴を取り寄せて利息制限法に従って引き直し計算してみると、なかには法律上の元利金の返済が終わっているにもかかわらず、業者に返済を続けている方がいます。
このような場合は、払いすぎたお金を業者から取り戻すことができます。

過払い金が発生する仕組み

サラ金などの消費者金融でお金を借りる場合、15%〜20%の金利を超えたときは、その超えた部分につき無効と利息制限法という法律で定められています。

 

しかし、出資法という法律で、貸金業者が一定の条件を満たしている場合は、29.2%の金利を取ることが認められています。しかし、貸金業者がこの一定の条件を満たしている場合はほとんどありません。ですが、貸金業者が29.2%を越える利息を取っても出資法には刑罰規定がないので、多くの貸金業者が利息制限法の定める15%〜20%の金利を超えた金利を取っているのが現状です。このいわゆるグレーゾーンといわれる部分は無効ですので、不当利得として返還請求ができることとなります。

過払い金返還請求の流れ

 

1 面談・委任契約の締結

運転免許証などの身分証明書・カード・契約書等をお持ちいただき、司法書士が面談させていただき、ご本人と委任契約を締結します。

 

2  受認通知の発送・取立がストップ

消費者金融等の債権者に対して、司法書士が債務整理を受任した旨の通知を書面でします。同時に、債権者からの請求が止みます。

受認通知の発送後、和解が成立するまでは返済をする必要はありません。

 

3  引き直し計算

受認通知の発送後一月ほどすると、債権者より債務者がいつどれだけ貸し借りをしたかを記載した取引履歴が送られてきます。

取引履歴に基づき利息制限法により引直し計算をします。

 

4  過払い金額の確定・返還交渉

引直し計算により過払い金の額が確定しますので、貸金業者に対して書面で過払い金の返還請求をします。最近は、貸金業者は利息制限法の適用で引き直し計算をして出した過払い金の額をなかなか素直に認めず、減額を主張してきます。当事務所では10年ほど前から債務整理に携わってきましたので、交渉のノウハウの蓄積があり、これによりできるだけ多くの過払い金を返還できるよう努力します。

過払い金の額や支払いの時期について合意が成立したら、和解契約書を取り交わします。

 

5  過払い金返還訴訟

過払い金の額や返還の時期などについて貸金業者との間で合意できなかった場合は、過払い金返還の訴訟をします。 

訴訟中でも訴訟外で合意が成立したら、訴訟を取り下げます。

訴訟外で合意が成立しない場合は、判決または決定となり訴訟が終了します。

 

6  過払い金の返還

合意の成立または判決・決定に基づき過払い金が返還され、手続きは終了します。

過払い金返還請求の現状

近年は、貸金業者の経営状態が悪化しているために、過払い金の返還を求めることが非常に困難となっています。

 

以前は引き直し計算によって算定された過払い金に支払い日までの法定利息を加えた額のの80%〜100%の返還ができたのに対して、近年はそれが30%〜60%程度に下がっているという事態も生じています。また、貸金業者の方からみなし弁済の主張・消滅時効の主張・契約の分断の主張が出るケースも従来に比べて多くみられるようになっています。さらに、和解成立後の過払い金の返還の時期についても、従来は1〜2ヶ月先であったのが、近年は10ヶ月先という長期間に上る場合もみられます。

 

過払い金返還請求の現状はこのように厳しい状況になっており、これから先、ますます厳しくなっていくものと思われますので、過払い請求をされる方はできるだけ早めにされた方がよろしいかと思います。

過払い金返還請求の費用

過払い金返還請求の費用

過払い金返還請求は、初期費用0円でご利用いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。


多様な解決手段の提案

 

当事務所は、10年ほど前から任意整理・過払い金返還請求などの債務整理業務に携わって来ました。この時のノウハウを任意売却の業務にも生かすことができます。例えば、任意売却をする前に、ご相談者にある一定の条件がある場合は、個人民事再生の制度を利用して、不動産を手放さなくてもよいようにすることもできます。

 

また、任意売却をした後で、残債務をどのように処理していくかという場合でも、どうしても残債を支払えない場合は、ワンストップで破産手続きにスムースに移行していくことが出来ます。

 

ご相談者にある程度の支払い能力がある場合は、債権者との交渉ができる範囲での分割金を支払っていくといういわば任意整理にもスムース移行していくことが出来ます。


▲このページのトップに戻る